やさぐれて、今年ももうすぐ終わり・・・

この前の「独り言」でジャズの現状憂い、最近のジャズボーカル状況のことなどを書いたら結構、反響がありました。決してジャズボーカルを否定しているのではありません。ジャズボーカルの世界が今のジャズの現状を象徴的に表しているからです。あるべーシストなどは小生のことを「もうおいさき短いので、言いたいこと言い始めた・・・」なんて言うし(ま、あながち間違ってないかも)、また某ジャズファンクラブの会長は、深夜電話してきて、いたく感銘したとか。また、ある若いギタリストはこのコラムを印刷して持ち歩いていると、少々恥ずかしい気がした。まあ、ある程度、同じ思いを持ってる人がいるんだなあと。意外と楽器するミュージシャンに多いのでは。

まあ、なんでまたああいう事書いたたかというと、何度も言うようですが、どうも自分がかつて聞いてきた70年代、80年代のころとジャズの聴き方が様変わりしている。ある意味、国際化して日本人のレベルにはるかに向上し、また向こうの有名なミュージシャンが来日し目の前で聞けるようになったのと,バークリーなど有名な学校にたやすく行けるようになって、外国人ミュージシャンとの交流がさかんに行われ、レコーデイングに外人をたやすく起用できるようになった。そして大手楽器メーカーがジャズの教育にかなり、ビジネスとして力を入れてきた。居酒屋でもラーメン屋いってもジャズが巷に溢れ、日常に浸透してるかのように見えるが・・・・。そしていわゆるジャズ喫茶が衰退していくなか、ライブハウスが多く開店している。福岡でもしかりです。オールジャンルの店が以外と多く、ジャズのライブも時折、開催されている。自由競争社会ですから、こんなこと言ってもしかたないことですが、結構有名なジャズのミュージシャンがそういう箱でライブしている現状見て、ああ、時代はかわったんだなあと実感する。昔はジャズの店行かなくてはジャズは聞けなかった。それがジャズ文化を支えていたと思う。リバーサイドのような店は、いままでどおり、ゲリラのようにはいつくばってジャズをやっていくしかないのであるが。

現状ばかり憂えても所詮、老いたマスターのたわごと・・・。ではどうするか・・70年代、80年代のあのエネルギーをみずからの内面から沸きあがらせ、その情熱を発信するしかないのである・・おんな、子供をたぶらかすジャズはいつか破壊していかねばならない。「破壊せとアイラーは言った」この言葉が好きである。中上健次のエッセーの本の題目である。アイラーとは異端のテナーのアルバートアイラーのことである。この間、家のダンボール箱かたづけていたら、古い本が出てきた「ぼく自身のためのジャズ」渡辺貞夫の自伝本である。

大学時代、ナベサダに出会いジャズにのめり込んだ。丁度そのころ出た本である。当時の小生のなぐり書きが随所にある。面映ゆい感じである。久しぶりに読み直し、感動した。単身、バークリーに留学し、ボストンでの生活やいろんな人との出会い、苦悩、そして帰国してからの家族とのふれあい(さきごろ、奥様が亡くなられた、ご冥福をお祈りする)など。まだ、ジャズ理論が確立されてない日本で彼はアメリカで学んだことを自宅で、ミュージシャンを呼んで講義していった、その中に若きき山下洋輔、菊池雅章などがいて熱心に聞き入ったという。そして小生、大学卒業し、就職して上京、とにかくナベサダの生演奏聴きたくて、新宿ピットインに行った(紀伊国屋の裏にあったころ)。最前列から2番目でかぶりつくようにアルトの音を目の前で聞いた。とのかく身震いした、めくるめく出てくるアドリブ、その時のメンバーは覚えていない、とにかくナベサダ一点集中でした。

とにかく、あの頃、新宿の「ピットイン」、「タロー」(もうない)にはよく行きました。若き辛島文雄も出ていたね。、とにかく好きなミュージシャンのライブはことごとく聴きに行ったね。今の人はそのへんが淡白である・・とくに楽器やる人は好きなミュージシャンいたら、とことん追いかけるべきである。あれや、これや聞きすぎ、また理論など勉強しすぎて的が定まらないのである。パーカーならパーカーをとことんマネし研究すればいい。そういう人は少ないね。いれば、うちの店なんかに来て、あれかけてくれ、これ聞かせてくれとマスターを困らせるせるはずであるが・・・いないね。まあ、老人のつぶやきはこのぐらいにして、そういう悶々とした気持ちに喝を入れる意味でも、年末 31日~4日まで東京に行くことにした。31日のピットピンオールナイトライブに行く!!メンバーの凄いこと!!https://www.pit-inn.com/sche_j.html

31日7時半にはじまり、1日4時に終わる。長丁場である!体力勝負である。しかし、出演メンバー見れば、身震いする。そのあと、東京にいる息子に会う、いまの、たるみきった顔を、ライブ後のきりっとやさぐれた顔にして息子に会うのだ。その足で靖国神社?!に初詣。あれ?いままで左では??地球は左にずーと行けば、右に廻ってくるのである?(屁理屈か?まあいい)A級戦犯ではなくすくなくとも国のために死んだ名もなき英霊に敬意を表しに行く。「靖国」という最近のドキュメンタリー見て、いつか行こうと思っていた。体験しないと是も否もない。不穏な朝鮮半島!いつ戦争に巻き込まれるかわからない。そして、2日は浅草、むかし住んでた近くの柴又帝釈天あたりへ。そして3日はまたピットインへ・・大好きな森山威男を聞きに行く!!ああ、金がかかる!!、そうだ26日(日)は有馬記念だ!!ブエナビスタが牡馬をまたなぎ倒すのか?大穴一発!!当てて東京で豪遊といきたいが・・・。それがだめならドリームジャンボか??煩悩具足の旅はつづく・・・。

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment