ドラマーよもやま話 その1

今回から、いよいよ、jazz drummer 特集です。まず、第一弾は、この人、ジョーモレロ、、、今日、テイクファイブでのドラマソロに痺れる人、沢山いるでしょう、自分もその一人。かれは視力が、著しく悪かったらしい、最近知りました。

1956年デイヴ・ブルーベックに乞われてその一員となり、その後67年まで約11年在籍。その間62~64年ダウンビート誌のポール・ウィナーも選ばれたのです。

ブルーベック・カルテット退団後はドラム教則本を書き下ろし、彼のドラミングは、デイヴ・ブルーベック・カルテットの大黒柱となっており、その非凡な技巧と卓越したスイング感は多くの人から賞賛を受けている。

次はこの人、エドブラックエルです。

かれのドンチェリーとのDUOを聴いて、この人のドラム、日本の田舎の、祭囃子をすぐ連想した。なんとも、懐かしい、、響き、間、そして、大好きなユニット、このold new dreamsでのドラム、、、他に類を見ない。

生で一度、聴きたかったドラマーのひとり。

1927 – 1992.10.7 

米国のジャズ奏者。ニューオリンズ生まれ。

1940年代後半、生地のニューオリンズでブラス・ジョンソンらとギグをこなし、オーネット・コールマンと知り合う。’51年LAに移り、コールマンのレギュラー・メンバーとなる。’60〜62年コールマン4に参加後、’65〜66年ドン・チャリー、’67〜68年、’70〜73年コールマンらとと共演。人口腎臓であったため’72年よりウェスリアン大学で教鞭を執るほか、演奏活動の場は限られた。’76年にはチェリーらとオールド・アンド・ニュー・ドリームスを結成。代表作は「エル・コラゾン」(ECM)など。

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment