サックスよもやま話しその2

今日は、この人、白人サックスのスティーブレイシー、サックスというより、ソプラノサックスの人と言った方がいい。ソプラノサックスをここまで極めた人もそうはいない。あのジョンコルトレーンは、晩年、ソプラノを盛んに吹く様になった。テナーとはまた、違う、魅力があるのか。
経歴が凄い。セシルテイラーから、始まり、モンク。そして、日本の富樫雅彦、佐藤允彦など、結構、多い。このフリー、ドラマー土取利行とのDUOも圧巻である。

wikipediaより抜粋

ピアノ、クラリネットを学んでいた。シュリンガー音楽院、マンハッタン音楽院で学んでいたが共に中退。

1955年、セシル・テイラー・カルテットに参加し『ジャズ・アドヴァンス』(1956年)を録音[1]。1957年、ニューポート・ジャズ・フェスティバルに出演した。1958年、セロニアス・モンクが作った曲のみからなるアルバム『リフレクションズ』を録音し、1960年には16週間、セロニアス・モンク・カルテットに加わるかたちでクインテットの一員として活動した[2]。のちの『エピストロフィー』(1969年)、『オンリー・モンク』(1987年)、『モア・モンク』(1991年)もモンクの曲の編曲集となっている。

1981年に日本で富樫雅彦(ds、perc)と『エターナル・デュオ』(1983年)の録音共演。1986年5月以降、埼玉県深谷市の「ホール・エッグ・ファーム」において14回のコンサートを開催した[5]。

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment