サックスよもやま話その1

デビッドニューマンというテナーサックスを紹介しよう。世に言う、B級テナーサックスという🎷称号があるが、まあ横綱格が、ハンクモブレイという、、まあ、チャーリーラウズなんかも、横綱級か、、しかし、時折A 級テナーを脅かす、ソロをする、、、B級テナー恐るべし。A級って誰?まあ、人それぞれだが、まあ、ロリンズ、コルトレーン、コールマンホーキンンス、スタンゲッツ、、レスターヤング、ウェインショーターとかいうのかな、でも、ハンクモブレイはB級どころではない、最高だと、おもう人もいるはず。でも、この人、デビッドニューマンは、レイチャールズ楽団のフロントとして、活躍し、何枚かアルバム出している。まさに、B級というとこか。なかなか味のあるソロをする、、好みのテナー。まあ、とにかく、沢山いるのだ。アメリカは広い。か

やっぱり、この人は絶対、取り上げなくてはいけない。

盲目のマルチ奏者、ローランドカーク。この人を初めて聞いたのが、ジャズ喫茶、おそらく天神コンボだと記憶している、大学時代、ジャケット観てたまげたのである、三管を同時に吹いてるではないか。そのほか首か、打楽器みたいなものもぶら下げてる。しかし、音だけ聞くと何人かが、吹いてる様に聞こえる。日本では、どちらかというと、奇人変人、グロテスクなどと揶揄されるが、ちゃんと伝統に根差した、凄いジャズを演るひとなのだ、いまいい時代で、あやゆる映像が見れるのである。チャーリーミンガス    、マッコイタイナー、ソニーロリンズとも共演してるのもある。公民権運動にも、賛同し、政治的な発言、言動、、今の時代に生きていたら、黙ってはいないだろうなあと、ふと思う。また、ブルースマンとも、ソウルシンガーなどとも共演しているのだ。まさに、ブラックミュージックの、雄である。

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment