私小説が面白い〜西村賢太の世界

私小説が面白い〜西村賢太の世界
AF3CCD72-2239-4777-B38B-81FCEC4DDFF8

私小説!この言葉から思い浮かぶのが、暗い、チマチマした話、四畳半、とかく、ネガティブなイメージが先行する。私小説の定義なるもの、ちょっと調べてみた、

ウィキペディアから、抜粋

私小説(ししょうせつ、わたくししょうせつ)は、日本の近代小説に見られた、作者が直接に経験したことがらを素材にして書かれた小説をさす用語である。心境小説と呼ぶこともあるものの、私小説と心境小説は区別されることがある。日本における自然主義文学は、私小説として展開された。
1907年(明治40年)の田山花袋「蒲団」を私小説の始まりとする説が有力であるが、平野謙は、1913年(大正2年)の近松秋江「疑惑」と木村荘太「牽引」を、私小説が確立した時期だとする[1]。これらが多く自己暴露的性質を持っていたのに対し、志賀直哉の『和解』のような作風を「心境小説」と呼ぶ。客観描写ではなく、対象を見た著者の内面を描く事を主眼とした。

文学史的には、絵空事のストーリーを楽しむロマン主義を否定する形で生じたリアリズム(写実主義)の極北に相当する。あらゆる空想的要素・虚構的要素を排して、実際にあった事実を示すことで、「真実を描く」という芸術の目的を達成しようとした。結果的に、ひたすら作者の実体験に範囲を限定して、身辺や自分自身のことを語ることが多い。描写も、客観描写よりも内面描写を中心とすることが多い。

その名称から、「私」と一人称で語られるものとする誤解があるが、三人称のものも多い。私小説の「私(ワタクシ)」とは「公(オオヤケ)」の対語、つまり「プライベートなこと」と解することもできる。小説においては作者と作品の主人公は同一視出来ないとするのが一般的だが、私小説の解釈では主人公がしばしば作者本人と同一視され、作者の年譜との比較検証がされる事もある。破滅型私小説として、花袋、秋江に続いて、葛西善蔵、嘉村礒多、初期の太宰治、また調和型私小説としては、志賀の弟子筋の瀧井孝作、尾崎一雄、藤枝静男、網野菊などが挙げられる。

私小説は、リアリズムが根幹にあることがわかる、真実を元に描かれるのだから、自ずと作家自身の身の回りの出来事、心象が中心になる。
457288F8-5670-4AC8-B8BA-E5591C9E71B4
自分はどちらかというと、太宰治や、葛西善蔵などの破滅型私小説が好きである。後々の作家としては、一時はまった車谷正吉という作家がいる。この人の作風は、ちょっと今までの作家とは違う、、なかなか表現難しいが、谷崎潤一郎、、ごとくというか。最初読んだのが『鹽壺の匙』その後、直木賞もらった「赤目四十八瀧心中未遂』を読み、フアンに。映画化もされ、寺島しのぶの出世作となる。監督は、長崎生まれで博多育ちの荒戸源次郎、九州大学建築学科卒という異色の人、鈴木清順の「チゴイネルワイゼン」「陽炎座」などをプロデュース。この「赤目四十八瀧心中未遂」は自身が大阪時代住み込みで焼き鳥屋にいた頃の話がモチーフに、私小説というより、長編小説、実に面白かった。最近はそれ以後あんまり読まなくなった、、というより、結婚して作風が変わったからかも。のめりこのも早いが飽きるのも早い。しかし、太宰治だけは、いまも時折読む、やはり彼は別格である。檀一雄も好きであるが、やはり太宰治こそ、私小説の雄だろう。葛西善蔵も、破滅型、いわゆるデカダンスの代表。しかし、最近になって、西村賢太という私小説家がわたしを虜にしている、ほぼ全作読んできている。そして彼が尊敬している、使用初期の私小説家、藤澤卓造も、彼の本で知った。富山のかれの墓から、自分の部屋には戒名、諸々持ち帰るほどの異常さ。そして、中学卒業して、日雇いをしながら、風俗通いの日々、まさに酒とバラの日々なのである。

「苦役列車」で、芥川賞を貰い、一躍有名に。実はその前にかれの「暗渠の宿」を読んでいた。

その時、あまりの凄さ面白さに、名前を覚えていた。その後の受賞に驚嘆。選考委員会で、あの石原慎太郎が絶賛したのがなんとも奇妙。

まさに、私小説の権化、いつもでてくるのは本人(かんた)そして、同棲する女とのチマチマしたやりとり、喧嘩、恋愛と呼ぶにはあまりに泥々した生活、全く美しさそこにはない。インテリジェンスの匂いは全くない。しかし、読めば読むほど思い当たる事の連続、そして男というものの業が、これでもかこれでもかとたたみかける。しかし、底知れぬユーモアに満ち溢れている。決して絶望感はない、太宰治なんかと違い、生、そして性への欲求が果てしない。だから、また買って読む。「小銭をかずえて」そして、デビュー作「けがれなき酒のへど」「どうせ死ぬ身のひと踊り」など、エッセイ「どうしても小説にすがりたい夜がある」など特にいい。かれが尊敬する作家が、田中英光、藤澤卓造、そして意外にも大藪春彦。中卒でありながらも、文学を志す気概、あの中上健次を彷彿させるが、それほど、難解な純文学でもないのである。しかし、女性の読者はどうだろうか?少ないのでは、時折、どんな人が、読んでるのだろうかと想像する。風態もとても女にモテそうな感じではない(失礼)時折、テレビにも出るが、放送禁止用語連発していた。でも好きである。私小説もバカにしたものではない。フィクション駆使し、物語を作ってもそれは所詮、作りば話なのである。「事実は小説よりも奇なり」である、お暇な方は是非読んでください。
E879424D-924E-49E0-A651-9A2EE19450DB

B63C82CD-447D-4513-BD6A-1657219BA899

F178502D-8F7F-4F55-9D4D-9A6417FAD61A
https://booklog.jp/author/%E8%A5%BF%E6%9D%91%E8%B3%A2%E5%A4%AA

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment