・・どうせ死ぬ身の一踊り・・

いまどき不謹慎な題名ですが・・・「どうせ死ぬ身の一踊り」・・この言葉いま非常に胸にひびきます。先ほど芥川賞をもらった西村賢太の小説の題名である(賞は「苦役列車」)

ひさしぶり、そうあの車谷長吉、以来の話題の私小説作家である。かれの作品はすべて読みました。実に面白い。大正時代の不遇の作家 澁澤卓造に共鳴した西村賢太が自分の体験を小説した一連の作品、「小銭をかぞえて」「暗渠の宿」「どうせ死ぬ身の一踊り」がとくにいい。中学を出て、以来日雇いに明け暮れ、自虐的な人生を歩む作者の生活の叫びをユーモアを交え、おもしろおかしく描いて近来まれな面白い私小説である。実は小生、「暗渠の宿」を2年前に読んで面白いと思ったのが最初・・・。そのあと何冊か読んで不思議と共鳴するところがある、決してかっこいい生き方ではなく、女性に対する偏見や見方が

身に覚えのあることが随所に出て感心したりもしたのである。それからしばらくして突然の芥川賞受賞に驚く。最初彼だとはすぐ思い出さず、あとでしばらくしてわかったのである。車谷長吉をずっと読んでいた時期があり、彼と比べると西村賢太は品性はない、どちらかと言うとリアリズムが強いというか表現がどぎつい。しかし、途中ヘドがでそうな描写も読み終わると変に爽快なのである。芥川賞選考委員のあの嫌いな石原慎太郎が推薦していたから驚く。最近の芥川賞作家は文章がうまいが、なにかどすんと胸に来る作品がなかったが、久々に現われた奇人作家である。受賞作「苦役列車」も面白かった。ただ、あまり女性には人気は出ないかもしれないが。次の作品が楽しみである。

話はかわりますが・・・今回の東北・関東地震のことで自分の思いを書いてみました。今回の大震災で、家を失い、また家族を亡くしたり、行方不明の方を身内でかかえておられる方、また、原発の危険に日々不安な毎日をおくられている方には本当にこころからお見舞いとそして激励をおおくりしたい。自然の驚異にこんなにも人間は無力なのか?また唯一の被爆国である日本人がまたもや放射能の危険にさらされている現実。なにかせつなく重く苦しい。しかし、地震、津波にも何年もかけ防波堤を築いたりし、万全の体制をとっていたにもかかわらず、想定以上のことが起きたのであります。しかしである、100年前の明治29年にも地震が起き、三陸海岸、岩手のある沿岸では38.2mもの津波が起きているのである。だとすれば7mぐらいの堤防を作り世界一のだと豪語していたことはいったい何故なのか?とくに原発の安全性について多くの方が疑問を持たざるを得ない状況です。かなりの国費を使い地震に対する予知観測などやってきたはず。ことさら未曾有、未曾有といい、マグ二チュード8.8から最終的に9.0に変更したのも何か変である。天災の影に隠れた人災を見落としてはいけないのである。今回はとくに原子力発電所の事故は、人間が発明した科学で恩恵とともに危険という代償も同時に背負うことになりました。思えば、電気をこれでもかと都会では浪費してきたつけでしょうか?原発が動かなくなるともろくも電力不足を露呈し、計画停電や節電をせざるを得ない状況です。ジャーナリストの広瀬 隆という人がチェリノブイリ原発事故以来、危険性を訴えて来たことが現実化しました。東電の隠蔽体質、国の対応のまずさも手伝い、現在でも不安は消えていない。福島はじめ、宮城、千葉 茨城、漁業、放射能汚染の風評もあり漁業、農業は壊滅的状態とか。広瀬 隆の「東京に原発を」という小説を思い出します(映画にもなる)。地元国会議員や建設業者、そして電力会社、地元の有力者などが地元経済発展の名のもとに原子力発電所誘致を地方にし、その電力を都会に送電する図式が全国であります。これは沖縄の米軍基地と同じ発想です。ノー天気な映画監督やいろんな俳優がコマーシャルで安全を訴えていましたが・・・総懺悔すべき。いままで通りに大量の電力を消費するには他の発電に頼るかそれともライフスタイルを根本的に変えるしかないと思う。私はライフスタイを変える必要があると思う。これから夏を向かえるがどのような事態になるか?電力は必ず不足する。そういう意味では深夜に対する考え方・・深夜営業自粛(コンビニなど)やテレビの深夜放送(たいがいは毒にも薬にもならない、くだらない番組が多い)の中止、また、プロ野球、サッカーなどのナイターの自粛もしたほうがいいと思うが。戦後焼け野原から奇跡的復興とげた日本!まさに試練の時である。ただ、余り自粛、自粛でも経済が破綻する。われわれの商売も店に来ていただかないと持たない。それにしても東北の人は辛抱強いと思う。お年寄りが多く避難生活を強いられている。政治はいまこそ試されている。

首相が駄目だとか政府が駄目とか言ってる時ではない。国をあげてまさに挙国一致でこの国難にあたらねば、チェリノブイリ原発事故が引き金でそソビエト連邦が崩壊したように

日本も崩壊に向かう!チャリテイもいいが、今回の震災のうらに隠れた人災をけっして見逃してはいけない!!

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment